TRセンターについて

業務内容

開発・広報戦略室

研究・産学連携戦略推進機構の諸組織等と連携し、医療シーズを策定して、研究者とともに開発コンセプトを確定、これを実用化するための産学連携研究体制、橋渡し研究支援拠点とのTRネットワーク等を確立するとともに、その知財戦略を全面的に支援する。また、担当者を決定してプロジェクトマネージメントを行い、医療情報部と連携して、広報、HP管理を行う。

 実用化研究推進室

全学を対象に得られた医療展開可能な基礎研究の成果について、実際の医療に用いることを目指し、シーズの発掘からヒトへの応用を目指した前臨床試験、ヒトを対象に行う臨床研究(非臨床試験を含む)の一部など、製薬企業等が研究開発に参加するなど、実用化の見通しが立つまでの研究を実施・支援する。医学系研究科腫瘍病態薬理学分野等TRを主目的とする基礎研究室、附属病院関連診療科、センター等がこれを支援、促進する。

 臨床開発支援室

事務局としての活動なども含めた研究支援センターとして、国内外の臨床開発研究機関等とネットワークを構築し、治験・臨床研究を支援・コーディネートする。医学部附属病院の全診療科、中央診療施設である臨床試験部、医療安全管理部、診療情報管理部、腫瘍センター、重粒子線医学センター、人工腎臓センター、遺伝子診療部、患者支援センター、肝疾患センター 、認知症疾患医療センター 、医学系研究科 寄附講座がん治療臨床開発学などがこれを支援、促進する。

データセンター

臨床情報、ゲノム情報等のデータセンター,統計解析センターとして機能する。医療情報部、診療情報管理部、臨床試験部や医療統計、バイオインフォマティクス関連分野がこれを支援、維持する。